俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猫戻る春の温みを背にのせ

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の陽を十分浴びて。

最新の添削

「猫戻る春の温みを背にのせ」の批評

回答者 よし造

拙句 絵馬のコメントありがとうございます。ご指摘の点は理解します。ただ、例えば手紙に書いてある願いを省略して「手紙の願い」という表現はあるのではないかと。考えて見ます。
御句 私は形式ではなく、心で理解したいと思いますので、この句のままでいいと思いますが、「春の温み」は句会に出すと季重ねだとか、重複表現だとか言われませんか。
「春日の温み」というと「温み」の季語性が弱まると思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山粧ふいつも浮かぶはジャンダルム

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

母の日もわからず母の笑顔かな

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

雪積もり窓の外見る猫二匹

作者名 春野ぷりん 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猫戻る春の温みを背にのせ』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ