俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

君とみた桜の花はただ舞い落ちる過ぎ去る時の流れのごとく

作者 顧博文  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

学校の卒業が近くなり、友達や大切な人と別れなくてはいけなくなり、入学式から毎年見ていた同じ木の桜がもう見れなくなると思うと、胸が痛むと同時に悲しみを感じたことを句に読みました。添削をお願いします!
また、添削後の俳句も教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

最新の添削

「君とみた桜の花はただ舞い落ちる過ぎ去る時の流れのごとく」の批評

回答者 秋沙美 洋

顧博文さん、こんにちは。
御歌読ませて頂きました。

俳句は17音で詠む事を基本とした有季定型詩です。短歌は57577の三十一文字です。博文さんのこれは短歌ですね。字余りの。

短歌も俳句も字数に違いはあれど「限られた文字数の中で表現をする文学」ですので、冗長な表現や意味が重複している表現は極力避けるのが無難です。
例えば「桜の花」という語句ですが、「の花」と書かずとも単に「桜」と書くだけで読み手は桜の花の事を思い浮かべます。
「過ぎ去る時の流れのごとく」という七七もかなりダボついていますね。「(時が)過ぎ去る」「(時が)流れる」このように分解してみると、同じ事を述べているだけというのが分かるかと。

総じて、卒業の感慨を何となくオシャレな措辞で書いてみただけ、という印象が強いです。
自分の言葉で紡ぐ事ももちろん大事なのですが、まずは有名な歌人の歌をたくさん読んで、最初の内は真似をしていく事から始めていくのをオススメします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「君とみた桜の花はただ舞い落ちる過ぎ去る時の流れのごとく」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

これは句ではなく短歌ですね(それでも字余りです)。
短歌添削道場の方へ出してはいかがでしょう?

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕焼けと朱に交わったか赤の雲

作者名 ははははは 回答数 : 1

投稿日時:

去年の霜今年も霜の季なるらし

作者名 負乗 回答数 : 8

投稿日時:

通学路子を待ちわびるアイスかな

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『君とみた桜の花はただ舞い落ちる過ぎ去る時の流れのごとく』 作者: 顧博文
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ