俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

翠玉の沖は蒼玉春の海

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近場の海岸へ天気が良いので行ったところ、海は綺麗で、浜辺はエメラルド色、沖はサファイア色で線を引いていました。色はほのかにですが、そう形容できるほどでした。
最初は、
「エメラルド沖はサフアイア春の海」
としたのですが、漢語にかえました。
適当な季語が思い付かず😅、春の海としました。ここが突っ込みどころかなと…

最新の添削

「翠玉の沖は蒼玉春の海」の批評

回答者 イサク

いちおう・・・
自分ではない他人の添削句との「いい/悪い」という比較コメントはやめた方がいいですよ? 後出しの添削句の方が良く見えて当たり前なので・・・添削させないほどいい句を出す、というサイトでもないので・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

近き翠玉遠き蒼玉春の海

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

比喩表現ではあるものの、結果的に春の海の一物ですね。
夢のある措辞だとは思いますが、助詞「の」の用法や「沖」の使い方など、流れが悪くなってしまっているように感じます。
あえて変更したということですが、変更前の「エメラルド・・・」の方が素直な句で、流れも良いように思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「翠玉の沖は蒼玉春の海」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

負乗さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

これは字余りを恐れる余りによく分からない句になっていると思います。
「翠玉の」「沖は蒼玉」という区切りになっていますが、ここが一番残念な仕上がりです。蒼玉が沖なのは分かったけど、翠玉は…??という疑問が強く残ります。
あとは「の」の使い方を誤っている印象ですね。

春の海の一物仕立てで詠む、かつエメラルドもサファイアも両方入れるなら上八にして

「エメラルドの岸サファイアの沖春の海」
これくらい余らせた方が却って潔い感じがしませんか。
個人的には漢字表記よりもこっちの方が良いと思います。
どうしても575に収めるなら、宝石を用いた比喩は諦めて

「沖の蒼浜辺の翠春の海」
これくらいでどうでしょ。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

散らばつたおもちや拾ひて秋時雨

作者名 はや 回答数 : 9

投稿日時:

恋しきはイチゴジャムパン感じとなる

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

通帳の那覇のプリクラ春寒し

作者名 鬼胡桃 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『翠玉の沖は蒼玉春の海』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ