俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

飴市や吾子らの顔に増える笑み

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語は飴市で、元々は松本の塩市であります。
戦国時代は、松本の塩市で信濃・甲斐の生活が助かり、子供達も喜びました。
時代が変わり、塩が手に入りやすくなった現代では、売り物が塩から飴に変わってしまいましたが、物が変わっても子らの笑顔は時代が変わっても変わらないな飴市の風景だなと感じた気持ちを句にしました。

最新の添削

飴市や店先の菓子吾子の笑み

回答者 イサク

こんばんは。

この句は説明だけでなく情も景もあり、俳句になっていますね。
(まだ説明が多いですけれど・・・)
どのあたりが無駄かは他の方の説明をご覧ください。

コメントの「戦国時代は~~~」のくだりを受け手に感じさせない方が、俳句としては良いものになると思います。
俳句は十七音しかないので、不用な感情や無駄な語を削って作っていくことが多いです。がんばりましょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「飴市や吾子らの顔に増える笑み」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

カイさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

相変わらず不要語が散見されます。
「顔」本当に必要でしょうか。笑みというのは顔に現れる表情の事です。わざわざ顔と書く意味とは?
「増える」も散文的で野暮です。

「飴市の子らに笑み」
このように削ってみても、揚句の17音と比較して意味は変わりません。
後7音をいじって、カイさんにしか読めない一工夫をぜひ入れて頂きたいですね。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の果あおき柿の実一つ落つ

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

就職で部屋にぽつんとぬいぐるみ

作者名 秋雄 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

寺町の長き土塀や桃の花

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『飴市や吾子らの顔に増える笑み』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ