俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆっくりと歩いてみたき寒菫

作者 藤井茂  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

添削よろしくお願いします

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ゆっくりと歩いてみたき寒菫」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

藤井さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

良いですね。句意はよく伝わりますし、情景も浮かびます。寒空の下で珍しくお目にかかった菫草を、少し歩調を落として見ている人。俳句の素材としてピッタリだと思います。
一方で「歩いてみたき」が少し勿体ないかなと。
「ゆっくりと歩いてみたき」←この上五中七が完全に、寒菫を目にした人のただの感想になっています。ので、句に映像を持たせる方向で…

「ゆつくりと歩きし日向寒菫」
としてみました。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕月を彩りたるや大花火

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

不惑なお志学の想い冬の朝

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

春の風五線譜の上舞ひさうに

作者名 東野 宗孝 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆっくりと歩いてみたき寒菫』 作者: 藤井茂
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ