俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の蝶日なたを捜し彷徨へり

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

元気なく、ゆらゆらと、、、。

最新の添削

冬の蝶ひなた求めて漂ひて

回答者 イサク

こんばんは。
そうりさんの句はいつも素直で読みやすいです。
「彷徨う」が俗っぽい言い回しに感じるので、そこに手を加えて音調を整えて見ました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の蝶日なたを捜し彷徨へり」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
冬の蝶、健気ですね。彷徨うのも、哀れというか何と云うか…。日を浴びて元気を取り戻して欲しいですね💦それから恥ずかしとの句の添削、ありがとうございます☺️✨自分と未来は変えられる肝に銘じます。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の蝶日なたを捜し彷徨へり」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

そうりさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

冬の蝶の儚さを表現しようとする気概は好きです。
が、「捜す」「彷徨う」近しい二つの語が並んでいるのは少し勿体ないかなーと。
全体の構成もやや散文味を感じたので、語句と語順に少し手を加えて

「当てのなき日なたを求め冬の蝶」
くらいで、いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

廃鉱の廃校にゐて天の川

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

登山終へ下山の事は忘れたり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

玉露を含みてよりの寒月光

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の蝶日なたを捜し彷徨へり』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ