俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

枯葉路やこれは枯葉を真似る虫

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自己添削した句を載せる事は普段しないのですが、もう別物と割り切って…。
「真似る」か「真似た」で未だに迷っています。ご意見頂けると幸いです。

最新の添削

「枯葉路やこれは枯葉を真似る虫」の批評

回答者 鬼胡桃

おはようございます。
二つ質問があります。
まずこの句ですが、季語は枯葉で間違いありませんか?最初見た時に、季重なりかな?と考え調べましたが、枯葉路という言葉が見つからなったので、私自身が見つけられてないだけなのかな?と考えました。
二つ目は枯葉路という虫がいるのですか?
句を読みますと、枯葉に真似る枯葉路という虫が存在しているのかな?と考える事が出来ましたので質問します。
質問は以上です。返答よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「枯葉路やこれは枯葉を真似る虫」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

秋沙美 洋様
ごめんなさい、真似る、でも真似た、でも正直どちらでも良いような気がします。少しニュアンスは変わってくるかな、とは想いますが。どちらでも伝わるので。路にいるのでは、踏まれそうで怖いですね、でも、この世界には珍しい生き物が沢山いますよね。これもみな、生きていく為の知恵なのでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「枯葉路やこれは枯葉を真似る虫」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 秋沙美 洋様、拙句へのコメントありがとうございます。

 句意コメントの書き方が良くなかったかもしれません。首里城再建へ向けての取り組みを紹介はしましたが、あれがそのまま句の意味ということではありません。句意としては、秋沙美様のおっしゃる「首里城消失の現場に花ちょうじが咲いていて、その周辺に瓦の残骸が転がっているような光景」で構わないです。 

点数: 0

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ピカチュウに進化する猫冬隣

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

光めく摩天楼まで春の来る

作者名 そうり 回答数 : 2

投稿日時:

足洗ふ池に注ぐやこの泉

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『枯葉路やこれは枯葉を真似る虫』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ