俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おにぎりの海苔の端乾く冬の朝

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おにぎり持つ手が寒いです。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘いただけると励みになります。

最新の添削

「おにぎりの海苔の端乾く冬の朝」の批評

回答者 猫山竹

こんばんは、海苔についてのコメント読ませていただきました!
全くその通りだと思います。季語の考え方も時代と共に変わっていって然るべき、と思っています。機械的に、これは春、とか冬、とか思考停止していてはだめですね!反省です。季語について、これからも考えていきたいと思います。良い機会をありがとうございます😊

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

握り飯海苔の端乾き朝寒し

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
御句、表情がよく出ておられると思います。当方、最近はおにぎりと言えばコンビニの安い方ばかりで、海苔が最初からパリパリ乾いています。
閑話休題。念のため・・・「海苔」は春の季語です。この句ならば季重ねを避けている(「海苔が」比喩表現になっている)とは思います。
強いて言うならば「~の~の」を避ける工夫はしてもよいかと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「おにぎりの海苔の端乾く冬の朝」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

晴峯旬草さま
宜しくお願いします。寒く、空気が乾燥している今日この頃ですね。添削ではありませんが、「寒海苔」という季語がありますので、参考に捻ってみました。
「おにぎりの乾く端っこ寒の海苔」、、、、句意を損ねましたらご容赦ください。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「おにぎりの海苔の端乾く冬の朝」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんにちは、御句鑑賞させていただきました✨
手で握ったおにぎり🍙ですと海苔が張り付いていてしっとりしているので、市販のおにぎりを想像しました。
あと、海苔は春季語なので一応、違う表現を用いてみました。
おにぎりの包み端刺さる冬の朝
晴峯様の繊細な触覚を少しオーバーにしてしまったかもしれません、申し訳ありません!

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寝そべりてただただ無言天の川

作者名 おかえさき 回答数 : 12

投稿日時:

帰宅時をうながす烏瓜の花

作者名 東次郎 回答数 : 2

投稿日時:

麗かや箸持つ母の昼寝かな

作者名 もんこ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おにぎりの海苔の端乾く冬の朝』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ