俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

石段を上るほど冬深まれり

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝の散歩、、、。上るほどにひんやり、枯葉も多く、、、。

最新の添削

「石段を上るほど冬深まれり」の批評

回答者 翔子

そうり様
たびたびすみません🙇孫の句の手直し句、冬の日暖かく、で季語も入り、気持ちも入りました。ありがとうございます。それから薔薇の句お恥ずかしい限りです💦私は薔薇ではなく、どくだみくらいでしょう、本当にお恥ずかしい💦どうかしていました😱💦もう一つ、化粧の句、はい、冬銀河で、私の顔に化粧され、醜い私が一気に綺麗になった気がしました。お恥ずかしい💦そうり様の柔らかな優しい手直し句に包まれて私は幸せでございます💦ありがとうございます☺️✨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

冬の色濃く石段を上るほど

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 そうり様、お世話になります。
 さっそく御句について。調べてみたのですが、冬が”深まる”という言い方はしないようです。石段と冬の取り合わせはマッチしているので、少し表現を変えるだけで良いかと存じます。

例)冬の色濃く石段を上るほど

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「石段を上るほど冬深まれり」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんにちは、お世話になります✨
御句鑑賞させていただきました。
一歩のぼるごとに景色や感触が冬らしくなっていく感覚がとてもよく伝わりました。
添削ではないですが、
石段の一歩ずつ冬来たるらし
とか思いました。

点数: 1

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

鷹の目の煌々ネオン褪せた街

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

俳句ポスト兼題「鷹」の練習として一句。小さいながらも煌々と鋭い鷹の目と、あれほど輝いていたネオンが褪せた街。人間と自然の対比を忍ばせたが……作為が過ぎるように感じる。もっと考えます(汗)。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「石段を上るほど冬深まれり」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
一段一段、かみしめるように寒さが増す感じでしょうか?☺️✨温かい物が欲しくなりますね💦私は孫可愛さに娘にお布団買ってあげるね、と豪語したものの、とほほ💦お金、どうしよう😭きっと良い布団買わされるんだろうなあ💦自分の貧しい生活が見えてきて💦寒い風が心を過ぎます💦余談ですみません🙇💦それから添削本当にありがとうございます☺️手直し句の、下五のほーたるこいが良いですね、ありがとうございます☺️✨

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「石段を上るほど冬深まれり」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

そうり様
それから感受性の句の手直し句もありがとうございます。下五の流れ星、私には綺麗過ぎてお恥ずかしい限りです💦感受性が強いと想っているのは私だけです。よっぽどそうり様の方が、感受性豊かです。感受性が強いなんて、なんで詠んだのだろう💦お恥ずかしい限りです💦🙇

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

沈丁花香りも黄花も際立ちて

作者名 04422 回答数 : 0

投稿日時:

正午雨模様八月十五日

作者名 イサク 回答数 : 15

投稿日時:

サイレンに猫の平然慰霊の日

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『石段を上るほど冬深まれり』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ