俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

生きるとも死ぬとも秋の蛍かな

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日海辺の公園で見かけた秋蛍が妙に印象に残っており、またまた秋蛍句です。

最近仕事が忙しくて、俳句に割く時間が全然取れません。一日一句を目標にしていますが、それも怪しくなってきております笑

本当は皆様の句でもっと勉強させて頂きたいのですが、お返事を書く余裕も批評を書く余裕も無く、もどかしい思いです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「生きるとも死ぬとも秋の蛍かな」の批評

回答者 猫山竹

句の評価:
★★★★★

こんばんは、バイクと葉脈の句の添削ありがとうございます✨ お仕事お忙しそうですがどうかお身体にお気を付けて下さい。
葉脈の句の添削句、脈と言い切るのも良いですね!ありがとうございます。
御句、秋の蛍のはかなく弱々しい風情をよく表していると思います。上五中七と季語の取り合わせ、配置等お手本にさせていただきます✨

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

引越の白きトラック冬麗

作者名 腹井壮 回答数 : 14

投稿日時:

炎帝と相まみえたる球児かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

あおむけもうつぶせもある落葉かな

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『生きるとも死ぬとも秋の蛍かな』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ