俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落ち葉落ち掃いては落ちてまた掃いて

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この時期、落ち葉が凄い。環境整備の仕事では、沢山の木がある所を落ち葉が冬になり、散り終わるまで、掃き続ける。掃いても掃いても落ちて来る、きりがない。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「落ち葉落ち掃いては落ちてまた掃いて」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さま
こんにちわ。韻を踏んで、情景浮かぶこの時期ならではの句ですね。上五の「落ち葉落ち」が「?」ですか、、、落ちているので「落ち葉」なので、、、。
「木の葉落ち掃いては落ちてまた落ちて」、、、、句意に沿いませんでしたらご容赦下さい。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大鍋にカレー作るや夏ちかし

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

帆船の舵輪が前のたんぽぽかな

作者名 塩豆 回答数 : 3

投稿日時:

真夏なり間抜け面言ふ納涼会

作者名 負乗 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落ち葉落ち掃いては落ちてまた掃いて』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ