俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

覗き込む眼が曇る若き冬

作者 泡沫十四郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬になるといつも家族で鍋を包むのが習慣なのですが、子供の頃はよく煮立つまで待たずに蓋を開けたものです。その時はよく目が曇っていました。この間鍋をしたときにふと思い出して目が曇らなくなったなぁと感じてこの句を書きました。
添削おねがいします🙇‍♂️

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「覗き込む眼が曇る若き冬」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

泡沫十四郎
はじめまして。一読して、、何を覗きこんで目が曇るのかが分りません。また、「若き冬???」でした。映像を入れるるいいと思います。参考句を捻りました。
「寄せ鍋を囲む団欒目の曇る」(寄せ鍋・・・冬の季語)、、、。少しでも参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

鍋包み幼時を想う湯気の中

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★
★★

はじめまして。
目が曇るという表現は「判断力が鈍る」という慣用句があり、コメントを読むまではそちらと思っていました。何を「覗き込む」のかわからないから、というのもあると思います。曇っているのは「視界」ですかね。曇るという動詞は悪い意味に捉えやすく、この句では別の言葉に置き換えた方がよいかもしれません。(暗い過去、というのならば別ですが)
子供の頃の思い出ということですが、「若き冬」は厳しいですね。コメントの、家族で鍋を「包む」という表現が素敵だと思いましたので、敢えて入れてみました。上五は「寄せ鍋や」「鍋囲む」などの季語でもよいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

川霧のゆるくほぐれて浮子流す

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ドパミンの素O君と霜の声

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

花雲歳時記めくり師を待てり

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『覗き込む眼が曇る若き冬』 作者: 泡沫十四郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ