俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

海女達の冷えを癒す焚火かな

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

間違えた句を投句してしまいました。
申し訳ありません。こちらの句が正しい句でございます。

最新の添削

「海女達の冷えを癒す焚火かな」の批評

回答者 南風の記憶

 カイ様、早速の返信ありがとうございます。

 さっきは書かなかったのですが、先ほどのコメントは、カイ様の「冷えを癒す」「勤めを癒す」二つの句を読んだ上でのものです。どちらも、弱点は変わりません。

 俳句は十七音しかありません。したがって、如何に不要な言葉を削るかというのが基本になります。

 御句の場合、”勤めを癒す”と書かなくても、「海女」が「焚き火に当たっている」とあれば、きっと海で一仕事終え、寒さや疲れを癒しているのだろうということは、多くの人が想像できてしまいます。誰もが想像できることは、俳句の場合、書く必要はないのです。

 せっかく「海女」と「焚き火」という良い材料を揃えたのですから、もう少しリアルに想像を膨らませてみると、より良い句ができると思います。期待しています。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

談笑す海女の真中にある焚き火

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 カイ様、お世話になります。

 御句ですが、海女と焚火の取り合わせは面白いと思います。ただ中七の「冷えを癒す」は不要です。なぜなら焚火には、寒さを凌ぐためのものだという意味がすでに含まれているからです。
 ここはもっと、海女の描写をした方が、映像がより鮮明になると思います。

例)談笑す海女の真中にある焚き火

点数: 0

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木の芽煮天狗の鼻の指すみやこ

作者名 げばげば 回答数 : 34

投稿日時:

大花野ときどき雲の影走る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

裸木の枝越しの空色重し

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『海女達の冷えを癒す焚火かな』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ