俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

竜天に登る一筋の閃光

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます👋😃☀
この句はNHK 松山の「お昼のクローバー」という番組に初めて出したた句です🎵入選はしませんでしたが「おしい句」に選らばて載りました。どこがおいしいのか…。自分ではわかりません。カッコつけた言葉遊びになっているかなと…。どう、直せばよいでしょうか❔(*^^*)🎶

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「竜天に登る一筋の閃光」の批評

回答者 Beginner

かぬまっこさま
おはようございます。3件の投稿全てにご添削いただきありがとうございます。
三段切れ、思いを詠まないなど基本の事が出来ておらずご指摘くださり、勉強になりました。
また、アドバイスに加え、ご添削感謝します。ご指摘いただいたところに気をつけ少しずつですが今後も考えていきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、Beginnerさんの俳句の感想を書いてください >>

「竜天に登る一筋の閃光」の批評

回答者 森 教安

かぬまっこさん、今晩は。いつもコメントや添削をいただきありがとうございます。
垣根に沿って雪柳が咲いていました。句を作るときにいつも語順に悩みます。何か考え方のヒントなどあればご教示ください。
「竜天に・・・」の句ですが、初心者の私には、雲の間から一筋の光が漏れている情景を竜が天に登ると表現されているように思いました。水墨画に描かれた情景を連想してしまいました。的外れかもしれませんが。

点数: 1

添削のお礼として、森 教安さんの俳句の感想を書いてください >>

「竜天に登る一筋の閃光」の批評

回答者 ワイス

かぬまっこ様
ご指摘ありがとうございます。風船も季語とは知りませんでした。勉強不足です。

龍天に登るは、龍が天に登り雲を起こし雨を降らすたとえなので雷を予感させる中七下五とうまくリンクしなかったからおしかったのではないでしょうか?
あるい は一筋の閃光が説明的なのかもしれません

点数: 1

添削のお礼として、ワイスさんの俳句の感想を書いてください >>

「竜天に登る一筋の閃光」の批評

回答者 白井百合子

かぬまっこさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
囀ずりが季語とは知らなかったです。
気をつけてできるだけ歳時記を開くようにします。
ありがとうございました。
鳥の歌にしたけど大丈夫かな?

点数: 0

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

「竜天に登る一筋の閃光」の批評

回答者 九造里子

かぬまっこさんこんばんわ。
添削ありがとうございます。
切れのタブーも知らない初心の者ですので、勉強になりました。

登る勢いを感じられる作品ですね。やはり途切れずスピード感が勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、九造里子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

リラの花見つめる女性静かなり

作者名 市瀬ひとみ 回答数 : 6

投稿日時:

水無月も暮らし実況黒い影

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

スキー場滑れずにまたリフト乗る

作者名 堀籠美雪 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『竜天に登る一筋の閃光』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ