俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

現場にて廻りくる猫そっけなく

作者 山崎孝亀  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

一人で仕事していて、猫に声をかけるのですが・・・

最新の添削

「現場にて廻りくる猫そっけなく」の批評

回答者 秋沙美 洋

山崎さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んー「そっけなく」気になります。
俳句の場合、直接的な形容詞は避けた方がいいかと。
「美しい」と書かずに美しさを、「寂しい」と書かずに寂しさを、「そっけない」と書かずにそっけなさを表現するのが俳句では大事かなと考えます。

あまり他人の添削を持ち出すのは好きではありませんが(そうりさん、お許し下さい)
添削「秋深し尻より猫の振り返る」を例に取ると、「お尻から振り返っている猫」で、猫のそっけない感じが伝わりませんか。
そこに季語「秋深し」と置くことで、晩秋の寂しげな雰囲気が句全体に掛かってきます。
このように「そっけない、寂しい」という言葉を使わずに「そっけなさ、寂しさ」を表現するのが良い俳句かと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「現場にて廻りくる猫そっけなく」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

山﨑孝亀さま
こんにちわ。景が浮かびます。敢えての「無季句」でしょうか?季語を入れ、そっけなさを映像化した参考句を捻ってみました。
「秋深し尻より猫の振り返る」、、、句意に沿いませんでしたらご容赦願います。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

トンネルの中に夕焼け見つけたり

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

春暁や鞄の隅の処方薬

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

知らざりき西瓜はなんと秋の季語

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『現場にて廻りくる猫そっけなく』 作者: 山崎孝亀
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ