俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水澄むや緋鯉よりくる蒼き淵

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ゆったりと。

最新の添削

「水澄むや緋鯉よりくる蒼き淵」の批評

回答者 秋沙美 洋

久田さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

んーちょっとこれは「水澄むや」と「蒼き淵」の含む意味が近い事で損をしていると思います。蒼々とした淵ですから、澄んだ水なんだなというのは容易に想像出来るのではないでしょうか。
また「よりくる」という表記ですが、漢字にすれば「寄り来る」。「寄る」か「来る」のどちらか一つで意味は立つのでは。
「水澄む淵に緋鯉寄る」極端な話、このように縮めても含める意味はそう変わらないと思うんですよ。

余った枠で固有の場所なんかを入れると、句の具体性がグッと増すのではないでしょうか。
鯉といえば、広島カープの由来にもなった広島城(鯉城とも呼ぶらしいです)が有名ですので

「水澄むや鯉城の淵に寄る緋鯉」
もしくは
「淵蒼き広島城や緋鯉寄る」
とかどうでしょうか。まあ実際広島城の堀って汚いんですが。
久田さんが目にして、ああステキな鯉だなと実際に感じたその場所を読み込んでやると、句も幸せなのではないでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

好物の梨を背に頂目指す愛宕山

作者名 花まるこ 回答数 : 2

投稿日時:

蛍舞ふ闇に雑念うすれゆく

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

獺祭やレジのソーシャルディスタンス

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水澄むや緋鯉よりくる蒼き淵』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ