俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

濁酒の瓶の白濁雨の夕

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語「濁酒(にごりざけ)」。濁酒、白濁の色の瓶、雨の夕。すべて濁りが美しいもの。

最新の添削

「濁酒の瓶の白濁雨の夕」の批評

回答者 いなだはまち

南風の記憶さん
自分の事ばかり、すみません。ポスト、頑張りましょう!
「熱燗」発想を飛ばし難い季語ですね。大きく構えないで「日常あるある」で詠むと結構いろいろなアイデアが湧いてきそうです。人・備品・動作・しゃべり・・。
一句だけ、自己満の句ができました。それと立子風に4句。計10句ほど。笑

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「濁酒の瓶の白濁雨の夕」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句「靴買おふ」へのご指摘ありがとうございます。仰るとおりですね。動詞二つはやはり無理な句でした。添削句、すっきりと句意を捉えていただきありがたくいただきます。

揚句について
整った写生句ですね。濁酒の瓶と雨、面白い取り合わせです。私にはテーブルではなく背の低いちゃぶ台などのテーブルにどんと置かれた瓶が浮かびました。少しの憂いを感じました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「濁酒の瓶の白濁雨の夕」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん
瓶の白濁⇒雨の夕 が難しいです。
酒の減った部分の瓶が白く濁っている?
私には、鑑賞の糸口が見つかりません。短いコメントは拝読しましたが、共感すべき点の焦点が合いません。読解力が足らずすみません。
恐縮ですが、自解をお願いできませんか。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「濁酒の瓶の白濁雨の夕」の批評

回答者 ゆめこ

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます。状況がだいぶ伝わる句に直されてるかと思います。紅葉降るは手垢がついてない綺麗な表現なんですね。勉強になりました。ただ、冬の季語に紅葉散るがあるので、読んだ人が冬の出来事と間違えないか心配ではあります。こちらの句ですが、下五の雨の夕。雨が降ってる中、夕陽に照準を合わせた詠み方が上手いです。

点数: 0

添削のお礼として、ゆめこさんの俳句の感想を書いてください >>

「濁酒の瓶の白濁雨の夕」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さん
お世辞でも「生姜のにほひが効いている」と言っていただけ、嬉しい限りです。涙!
「だめだめ4」いただいた句ですので。句も成仏できるってもんです。笑

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蓮華原蜂はふりふりお尻の毛

作者名 上岡 たつき 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨に入る世界に出来過ぎのページ

作者名 長谷機械児 回答数 : 2

投稿日時:

草むらの俄かに来せし秋時雨

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『濁酒の瓶の白濁雨の夕』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ