俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

コロナ風邪閒が間に変わる日の世界

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

門の隙間から月明かりが見えるね、という絵から、間(あいだ)を表す「閒」という漢字が生まれた。
長い年月が経ち、中の月の下の部分が短くなり「間」の形に変化した。

これは俳句か?

最新の添削

コロナ風邪閒が間に変わるまで

回答者 かこ

あいだと読ませました。
根津様の句はいつも刺激になります。🧨
この句も面白いですね。ただ、耳からだけだと何のこっちゃとなってしまうので口伝えで広がらないのが残念ですが。😱

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

夏野菜ピクルスにして花氷

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

薪能駅前広場に明かり寄せ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ゆく春や神木の瘤隆々と

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『コロナ風邪閒が間に変わる日の世界』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ