俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春寒し紅なき素顔写したる

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は寒くて暖房つけてます。
鏡に写った素顔を見てびっくりしています。
そんなところです。添削お願いします。

最新の添削

「春寒し紅なき素顔写したる」の批評

回答者 腹井壮

百合子姐さん、こんばんわ。

鏡を見て口紅を引いていない自分が女性である事を思い出した事がまさしく「冴返る」ではないかと自分は思ったのですよ。ここから自分ならストーリーをくわえて紅を引く唇に焦点を合わせます。

寒戻り引かるる紅は一文字

紅を引いた後一文字に口を結び自分が女性である事を確認している様子が伝わったでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春寒し紅なき素顔写したる」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃時々、化粧するのが面倒で男に生まれればよかったと思う、かぬまっこです。発想は面白いと思います。でも、三段切れ。写すは映すの方が私はいいかな…。(*^^*)🎶

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「春寒し紅なき素顔写したる」の批評

回答者 腹井壮

百合子姐さん、こんにちわ。

コメントを読んで思ったのはここで春寒しはやや安易な季語の選択をしているのではないかと。冴返るではいかがですか。中七下五も説明的な印象を受けます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

行く春やヒーター恋し朝は過ぎ

作者名 松崎文哉 回答数 : 1

投稿日時:

縁側で望む桜空や転た寝す

作者名 三角すい 回答数 : 1

投稿日時:

夏の火を浴びて焦れる観覧車

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春寒し紅なき素顔写したる』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ