俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蕗のあく両手に嬉し汚い手

作者 田中喜美子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家事を思い出します。

最新の添削

蕗の灰汁嬉し両の手汚しけり

回答者 かこ

季節感のある良い句ですね。
手が二回出てくるのが気になりましたので、一回にしてみました。
嬉しは入れた方が良いと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

蕗の灰汁両手のひらを汚しけり

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
「あく」は分かりやすく「灰汁」としました。俳句では「嬉しい」「悲し」などはダイレクトに言わないように、事実や物で詠むと習いました。
蕗の皮むきで爪の先が黒くなりましたね。
(*^^*) 

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

掌に葺の灰汁あり頬ゆるむ

回答者 ひろせならありす

句の評価:
★★★★★

こんにちは
丁寧に暮らしておられるのを感じました。
季節ごとの旬のものは、嬉しいものですね
手をかけて美味しく仕上げる楽しみは格別です。

嬉しい気持ちをほかの言い方で、と思いましたが、この探索はあまりうまくないですね。ごめんなさい

点数: 0

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

池の朝昨日と同じ落椿

作者名 世良日守 回答数 : 4

投稿日時:

母待つバス停へ二時間揺らるるレモン水

作者名 豆の山 回答数 : 1

投稿日時:

もう来るな線状降水梅雨出水

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蕗のあく両手に嬉し汚い手』 作者: 田中喜美子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ