俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水温む集合場所は駅東

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おはようございます👋😃☀この句をどう思いますか。自分としては、なんか物足りないというか、いまいちな句だと思うのです。何がそうさせるのか…。

最新の添削

「水温む集合場所は駅東」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、おはようございます。
自分の事を自分が一番知らないから「人のふり見て我がふり直せ」という諺が生まれたのかもしれませんね。
この句の問題点は読者に具体的なイメージを想起させる言葉がないという事です。したがって季語がやたらと動きます。新年・春夏秋冬どの季語を斡旋しても成立します。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

藍の海白波立ちて春いづこ

作者名 土屋 羊子 回答数 : 3

投稿日時:

流れゆくテールランプや星月夜

作者名 コウ 回答数 : 9

投稿日時:

立春や兵どもが豆の跡

作者名 北野きのこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水温む集合場所は駅東』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ