俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

果てまでも煌めく翼秋の空

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

国際空港が近く、空が澄み渡った日は、機影がいつまでも輝いて見えます。

最新の添削

「果てまでも煌めく翼秋の空」の批評

回答者 素一

こんばんは!
よろしくお願いいたします。秋ついりの句にコメントありがとうございました。
寂しいものです。空室がある事は。それも今までに経験のない事ですから…。
御句ですが秋の空の様子が鮮やかに映し出されているとい思います。簡単に「果てまでも」と表現せずに「どこまでも」で目の届くところまでの意味で表現してでもと思いましたが別に大義はありません。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

飛行機や続く煌めき秋の夜

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

三男様
綺麗な情景が目に浮かぶ俳句ですね。添削もありがとうございます。母に短歌の本は、置いていきなさいと云われ、残念ながら、短歌の本は止して、俳句の本でも買うか図書館等で借りるかしようと思います。でも、三男様の様に博学になる為に必要だった様な…。まあ、気を取り直して、俳句に専念しようと思います。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「果てまでも煌めく翼秋の空」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

三男様
よろしくお願いいたします

「そぞろ寒」へのコメントありがとうございます。ご指摘頂けたように「かかれ」の方が良いと思いました。少し必死な感じも出て滑稽さが増した気がします。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

長堤の風に傾げり白日傘

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

雲仙のあやし有明春がすみ

作者名 あけに庵 回答数 : 1

投稿日時:

凍てついた工事現場に彼は立つ

作者名 鴨長迷 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『果てまでも煌めく翼秋の空』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ