俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の風吹かれ恋しき夏日和

作者 染谷翔  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重なりが不安、それから秋の風だから吹くのは当然だから説明しすぎかどうか不安です。この句は夏は暑くて好きではなかったが、いざ秋になり風にふかれると寒くて夏の暑さが恋しいという思いの一句です。

最新の添削

その他の添削依頼

濃い色の麦茶を少し薄めけり

作者名 イサク 回答数 : 5

投稿日時:

元旦の空一点の暇疵のなく

作者名 ももぱぱ 回答数 : 1

投稿日時:

下校時の長き影なり冬茜

作者名 緑のおじさん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の風吹かれ恋しき夏日和』 作者: 染谷翔
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ