俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朴落葉十一文の靴滑る

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

落葉に足を滑らせた子供。

最新の添削

「朴落葉十一文の靴滑る」の批評

回答者 三男

久田しげき様 こんにちは
きょうは日曜日ですが、こちらは十月の連休に振替るため平日対応になっています。
朴の木は故郷で見かけましたが、葉っぱが大きいので子どもの軽い体重では確かに滑りやすかったでしょうか。
このような日常生活の中には楽しい材料があり、時空を超えて出会いをもたらすのも俳句の魅力かも知れません。
数日前、浙江省政府がJTBに委託したものですが、十月中旬実施の日本人向け特別企画、無料で西湖の日帰り旅行に参加したい希望者を募集する記事を見ました。
海外から入国する者への検疫体制が確立したからでしょうが、日本人駐在員も徐々に増えています。
民間人として経済活動が一番気になり、他の日本人もそうだと思っていますが、海外生活で身の安全を守るためには角が立つ話題と接点を持たないようにしています。これは常に意識していなければなりません。
本日も思い出に繋がる作品をありがとうございました。
失礼いたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鱗片の朝日に浮かぶ新松子

作者名 04422 回答数 : 8

投稿日時:

真夏の日白いフリルのサンドレス

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

春雨や湖に傘さす投網漁

作者名 ケント 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朴落葉十一文の靴滑る』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ