俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

杖置いて診療予約秋雲

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

病院へ行った時、診療予約表なるものを書いている年配の方がいらっしゃいました。眼鏡を着けたり外したり。
秋雲の他に適切な季語がありような気もします。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「杖置いて診療予約秋雲」の批評

回答者 秋沙美 洋

晴峯さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

お年寄りが病院で杖をちょっと横に置いて受付票を記入している…そんな情景がよく浮かびました。
「秋雲」の読み方は「あきぐも」あるいは「しゅううん」で良いのでしょうか?あえて下四にした意図があまり伝わりませんでした。
季語はあまり詳しくないのでコレにしたら?というのは出来ませんが、素一さんの「秋曇」に一票です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「杖置いて診療予約秋雲」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

晴峯旬草さま こんばんは
杖が必需の方は、天気を気にして診療予約するのですから大変です念じて。
場面に添えるでしょうか、三秋の季語から"秋"が入るものを探してみました。

秋の朝:/(子)秋朝
立秋を過ぎると、残暑が厳しくとも朝夕は爽やかとなる。秋の朝というとその頃の印象が強い。仲秋から晩秋にかけては肌寒さを感じる朝も多くなる。

秋の昼:/(子)秋真昼
大気が澄み、秋の気配の濃くなってきた頃の昼間をいう。木立の影、日溜りなどにも秋特有の色がにじみ出る。

秋の日:(子)の秋日射、秋日影
秋の日の光であり秋の一日でもある。秋の太陽は残暑をもたらすが、しだいに爽やかに
なり、晩秋には目に見えて日差しも衰える。秋の一日は秋分を過ぎるとしだいに日が短
くなり、冬が近づくころには、釣瓶落としいわれるように、一気に暮れてしまう。

秋思(しゅうし、しうし)/(子)秋懐、傷秋、秋容、秋あわれ、秋さびし
秋になって心に何かを感じたり思ったりをすることをいう。春は春愁といい秋は秋思
という。愁いに比べ思いは乾いた感じがある。

以上ですが他も探せばもっとまとまりがよい季語に出会えるかも知れません。
晴峯さまの作品は、これからもともに学ぶ者として拝見させていただきます。
失礼いたします。

点数: 2

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「杖置いて診療予約秋雲」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
よろしくお願いいたします。「朝マック窓に踏み切り冬隣」すっきりしました。良いと思います。
御句ですが三男様が熱心に季語調べています。その中から選んでみるのも良いと思います。ご年配の方の眼鏡で予約のご様子ですので、秋雲の四音で終わるのではなく秋の雲とするか、状態から雰囲気を考えるとき「秋曇」ではどうでしょうか?

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

睡蓮や小枝にとまる二羽の鳥

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

しがみつく蝉のもぬけに雫かな

作者名 かこ 回答数 : 6

投稿日時:

なんだかな模擬虐殺の西瓜割り

作者名 和光 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『杖置いて診療予約秋雲』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ