俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋分の風に靡くか袖の丈

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨日は日差しに恵まれ長い時間外出していましたが、街ゆく人の装いは既に長袖姿が多数を占めていました。
また、防寒用でしょうが薄手生地を更に羽織ったご年配姿が少し目につきました。

最新の添削

「秋分の風に靡くか袖の丈」の批評

回答者 えこ

三男さま。
「ゑのこ草」のご指摘ありがとうございました。
また、WEBを添えていただきありがとうございます。
勉強させていただきます。

貴句の「袖の丈」ですが、着物を想像いたしました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、えこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋分の風に靡くか袖の丈」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
よろしくお願いいたします。鴉の句にコメントありがとうございました。烏合と言う言葉がありますので素直に解釈していただきました。
御句ですが袖の丈に違和感を感じました。袖の丈と言えば袖の長さを示す言葉ではないでしょうか。代わりの五文字を探してみましたが、探し出せませんでした。勝手な解釈して申し訳ございません。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋分の風に靡くか袖の丈」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

三男さん、こんにちは
秋も深まっていよいよ冬の訪れを感じさせる季節に、衣替えをする人が居たり居なかったり…そんな季節の境目を上手く切り取った印象を受けました。
「袖の丈」という言葉が少し気になりました。秋服にも色々あるので、具体的に描写してみてはどうだろうと思い、拙句ではありますが捻ってみました。

秋分やケープ靡かす風立てり

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

当日に中止のメール藍浴衣

作者名 なおじい 回答数 : 9

投稿日時:

凍星や高麗火星大和燃ゆ

作者名 渡 弘道 回答数 : 2

投稿日時:

らうめんに付きし鰆の握りかな

作者名 めでかや 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋分の風に靡くか袖の丈』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ