俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ベタです。
人間はあたふたしているけど、そんなもんなしに鳥はやってくるなあと。

最新の添削

「コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥」の批評

回答者 晴峯旬草

かこ乃様
よろしくお願いいたします

「赤とんぼ」へのコメントありがとうございます。この句、実は親父の発言から発想した句でして。
その心苦しさ、わかる気がします。
何か投句する際には気をつけたいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥」の批評

回答者 水越里絵

句の評価:
★★★★★

かこのさま。いつも的確なご指摘ありがとうございます。秋夜長、つい馴染みがありすぎて季語と勘違いしておりました。はい、調べましたらかこのさまご指摘通り、夜長、秋の夜が季語でした。勉強になりました。

点数: 1

添削のお礼として、水越里絵さんの俳句の感想を書いてください >>

「コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

かこ乃様
よろしくお願いします。「渡り鳥」鑑賞頂きありがとうございます。また、六句の参考句を掲載頂き御礼申し上げます。実は、「中七」の助詞二つを、どう使うかで、推敲を繰り返し、投句しました。句意は「渡り鳥が限界集落に賑わっている、、、」との光景を詠んだものです。かこ乃さまに捻って頂きました句を参考にさせて頂くと、「②」以外はひょとすると、渡り鳥が来て、集落の人が賑やかにしている、、、という捉え方もできるかと思い、最終的に②と投句しました駄句で悩んだ次第です。助詞は難しい~!
貴句・・・中七の表現が素晴らしいと感じました。特に中七、、、鳥に人間社会を、覗かれているようで、あるいは見透かされているようで、、、。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

かこ乃さま こんにちは
実はかこ乃様がお書きになられた手順どおりの表現を揃え、その中から考えた末にこれを出していました。
平板にならないためでしたが、期待していたかこ乃さまのご意見をいただき嬉しく思っています。
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんばんは
ある俳人がコロナ関連の句をあまり評さないので、どうしてなのかと質問されていました。
返答はコロナ禍を詠むのは良いけれど、とらわれ過ぎたりして、俳句として完成していないものが多すぎる。そう言う句は評せないとのこと。

比べてかこ乃さんの句は流石に良いですね。
上空から俯瞰している様が、人の騒ぎを揶揄しているようで、なるほどと納得いたしました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初蝶の縺れて同じ色ならず

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花の毬の揺れをりにはか雨

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

墓前には崩れし煙草夕時雨

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『コロナ禍を見下ろしながら渡り鳥』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ