俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鶴作る二人の指先秋湿り

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

休みでしたが雨が降りそうな天気。外には出ないで、近々入院予定の友人のために夫婦で鶴を折りました。

俳句を勉強中の者です。多作して多捨されたいと思います。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「鶴作る二人の指先秋湿り」の批評

回答者 04422

こんにちは!
よろしくお願いいたします。「秋湿り」御句にはコメントからピッタリの季語に感じます。かこ乃様のおっしゃる通り蔓は作るのではなく折るが正しい言葉遣いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

ぽつねんと空を見上げる青き鶴

作者名 めでかや 回答数 : 7

投稿日時:

おなもみを額に腰に前足に春の猫

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

夕立に猫かけあがる座敷かな

作者名 さつき 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鶴作る二人の指先秋湿り』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ