俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蚊柱や昔はみんな生きてゐた

作者 塩豆  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもコメントありがとうございます!塩豆です。
この俳句は私が考えたものではなく、吉田汀史という方の作品です。
私は切れ字の「や」を使うと終わりを体言止めにしないとどうも落ち着かないのですが、この俳句のように体言止め以外で終わる作品は沢山ありますね。皆様はこのような作品をどう思いますか?
私、妙な所で考え過ぎかもです。

最新の添削

「蚊柱や昔はみんな生きてゐた」の批評

回答者 腹井壮

塩豆さん、こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。この句を一読して一瞬を詠んでいるとは言い難い、機知の句だなというのが感想です。ただ、下五の座りは抜群にいいですね。口に出して読むとわかりやすいのですが子音にa音が多いので下五までリズムやテンポが非常にいいです。上五を「や」で切った時下五の体言止めは無難な方々です。でも時々説明的な場合もありますしいつも有効とは限りません。やはり塩豆さんレベルになると口に出した時のリズムやテンポも重視されたほうがよろしいのではと思います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

野牡丹に目でうなずくや麻痺の母

作者名 荒井ゆみ子 回答数 : 1

投稿日時:

冬木立ビートルズのハモる響き

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

碁敵の提げてきたるは新走

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蚊柱や昔はみんな生きてゐた』 作者: 塩豆
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ