俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

焼き秋刀魚食べたいけれど貯金する

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お金を貯める事が趣味の様になっていて、祖母に褒められる度に、半身不随の祖父に代わり、祖母と、旅行に行くぞと決めている。急にそう決めたのは、友人の母が癌になってしまい、父が早くに病死した友人の母が抗癌剤をうちながら、おまえの為に1億円貯めた。と漏らしたと聞いてから。おばさん、頑張ったな、と思った為だ。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「焼き秋刀魚食べたいけれど貯金する」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

佐山緑さま
こんにちわ。コメントを拝読し、気持ちが入れ込んだ一句と思いました。ただ、俳句は「季語」を主役に立てて詠む韻文、、、。そういう意味では、貴句は「貯金」が主になっている報告句と存じます。「季語」を主に、どう詩情を込め捻る(俳句は作るではなく捻ると言います)かですね。良い出来ではありませんが、私の想像の範囲で参考句を掲載します。「秋刀魚焼く煙横目の帰り道」、、、失礼をご容赦下さい。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き秋刀魚食べたいけれど貯金する」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
句についてはそうり様が詳しくコメントしていますので割愛させていただきます。
俳号「風天」こと渥美清こと寅さんの句「好きだからつよくぶつけた雪合戦」「雲のゆく萩のこぼれて道祖神」「朝寝して寝返りうてば昼寝かな」寅さんの好きな又、寅さんのような優しい佐山緑様に贈ります。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

イーゼルを畳みて秋の夕焼よ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

古民家にお歳を召さぬ雛二体

作者名 素風 回答数 : 2

投稿日時:

草の芽の競うがごときそこかしこ

作者名 登盛満 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『焼き秋刀魚食べたいけれど貯金する』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ