俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

歴代の学者紐解く天の川

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

何億年も昔に生まれた天の川は、見た目は変わらず一年中地球で見れますが、天の川に関する研究は紀元前から始まり、デモクリトス、ガリレオ、カントと時代が進むにつれて天の川に関する不思議が次々と明らかになり、現代でも研究が行われています。
天の川という天は変わらず大地を上から見続けていますが、反対に地球にいる人間は、上を見続けて新たな不思議や謎を解明している天と地という対極の状況にあると感じた気持ちを句にしてみました。

最新の添削

その他の添削依頼

名月やビショップの影迫り来る

作者名 卯筒 回答数 : 5

投稿日時:

水郷の水面掠めて燕来る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

立ち読みの古書から切手春の風

作者名 たけたけ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『歴代の学者紐解く天の川』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ