俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

魂の昇り詰めたる天の川

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

兼題で、、。人は亡くなり星となる、、、。添削よろしくお願いします。

最新の添削

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 カイ

そうり様こんばんは。また句を投句しましたので感想をお願い致します。
あともう一つお願いがあります。このサイトでそうり様と親しい方にも私の句を紹介していただけないでしょうか?いろんな方の意見や感想、アドバイスを聞きたいので、お願い出来ないでしょうか?よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、カイさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 季詠

句の評価:
★★★★★

こんばんは😌
缶蹴りの句にコメントを下さり、ありがとうございました。
お褒めの言葉がいただけて、嬉しいです!
またしても助詞にやられてしまいました。ご指摘の通り、「秋天へ」の方が、より私の句意に近づいた表現だと思います。少しずつでも高めてゆきたい助詞力。いつも、ありがとうございます😊

点数: 2

添削のお礼として、季詠さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 季詠

句の評価:
★★★★★

こんにちは😌
秋刀魚の句にコメントを下さり、ありがとうございました。
素一様も仰られていたように、破調に「した」のではなく「なってしまった」句なので、根本から推考しなおさないといけなかったのでしょうね💦添削して下さった句は、こだわりの「脂」を残していただけたので、満足しています。

御句ですが、とてもロマンティックな句だと感じました。亡くなった方達が、あんなに綺麗な星の流れの中に行けるなら、淋しくもないですね! 発想がとても素敵だと思います😊

点数: 1

添削のお礼として、季詠さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 素一

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
よろしくお願いいたします。いつもお世話になっております。咲き満ちての句にコメントと提案句ありがとうございました。百日紅は枝の先の方に咲きますので夜などは目立たない花ですので「明かし」で表現してみました。
魂は星になるなんてよく言われますね。その言葉を見事それとなく使われた御句に親しみを感じました。今後もよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

調べてみたところ、ほっぺが落ちるという慣用句は頬張ったほっぺが落ちそうなほど膨らむというところが語源。
それもあって、私の「頬が痛い」という表現が分からないというのだと分かりました。
というわけで、作り直しました

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

温かき光で照らす天の川

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

そうり様 なる程、人が星になるなんてロマンチックだなあ😌🌌夜空から亡き人が星になって、悲しんでいる人を照らすのですね、それから、なんだか下手な手直し句、そうり様の句からかけ離れて、僕自身の句になってしまってすみません💦これからも宜しくお願い致します🙏

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

そうり様
よろしくお願いいたします

「西瓜」へのコメントありがとうございます。敢えて「見て」と入れて「見てるだけで聞いていない」という意味も込めたのですが、そもそも伝わりにくいですよね。
その点、参考句大変良いです。「終わらぬ」が良いです。退屈な感じが伝わってきて私が言いたかったのはコレ。と思いました。ありがとうございます

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 指江

句の評価:
★★★★★

そうりさま
添削ありがとうございます。助詞ひとつ変えるだけでこうも印象が変わるのかと驚きました。「山空へ」こうすると確かに天の川が身近に感ぜられ、すがたが見えやすくなったように思います。
そうりさまのこの句はまた別の視点から、近くに見える(されど果てしなく遠い)天の川を見ることができ、その神秘性、雄大さを感じられました。添削ではなく感想ですが…

点数: 1

添削のお礼として、指江さんの俳句の感想を書いてください >>

「魂の昇り詰めたる天の川」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

そうり様 大変お世話になります。そうですね、自分の思いを句に託したいと思います。ありがとうございます。そうり様の句はなんと言うか、柔らかいと言うか、優しいと言うか、ほっとします、これからもご指導、添削宜しくお願い致します🙏

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

長袖のボタン解れて秋の入り

作者名 渡 弘道 回答数 : 3

投稿日時:

春めいて駅の階段駆け上がり

作者名 三角すい 回答数 : 2

投稿日時:

ゴッホよりゴーギャンが好き星月夜

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『魂の昇り詰めたる天の川』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ