俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

わゐうゑををの書き方を習う春

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

※わゐうゑを「を」の書き方を習う春
夏井先生のYouTubeを見て、
「わゐうゑを」でこういう句を考えようとしたのですが、時間内に形にならず。
ちなみに投句したのは以下の5つ。

さしすせそ雑煮の味に悩む夜
まみむめも文字に塗れる星の秋
はひふへほ放屁の止まぬ妻の秋
たちつてとトーチの熱は次の夏へ
かきくけこ後楽園の稲刈る子

後半3つはもう意識が朦朧としてました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「わゐうゑををの書き方を習う春」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

根津C太さま
おじゃまします。取り合わせ絶妙と存じます。「を」を並べるところ、、、、十七音にまとめられたところ、スバラシイ!

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ケアンズや夏の乗馬で川散歩

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

泡のやふ金糸雀色の花ミモザ

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

でで虫や電車遅延のアナウンス

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『わゐうゑををの書き方を習う春』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ