俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初雪や氷田まだら尻をつく

作者 なっちも  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日の東京の大雪の際、昔はすぐに雪掻きをしてみんなで街を歩きやすく綺麗にしたものでしたが、自分の家の前だけきっちりと掻いてあったりあるいは全くしていたかったり、まだらの雪掻き跡が凍結して滑って尻もちをついてしまい、なんだか寂しく悲しくなってしまった、という情景を読みました。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「初雪や氷田まだら尻をつく」の批評

回答者 なおじい

なっちもさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
確かに以前は町中総出で雪かきをしたものですよね。最近はあまりしませんね。というより、都会ではあまり降らないですから、不慣れでどうしていいかわからないのかもしれません。
自分の家の前だけを雪かきする。それはそれでいいのです。みんなが自分の家の前をきれいにすれば、結果として町中がきれいになりますから。ただ、「自分の家の前だけをきれいにする」という考えは、その人および所属するコミュニティの意識が高くないと実を結びませんけどね。単なる「自分勝手」な理屈に終始しがちです。

さて御句。三段切れといって、切れ字があるのにそれ以外のところでも意味的に切れているとリズムが悪くて敬遠されます。御句は、他の方のコメントにもありますが、ちょっとそうなっていますね。

それもそうですが、私は「氷田」のほうが気になりました。凍った田んぼですよね?都会の無関心さのようなことを詠むのに、田んぼを出さなくても…と思いました。

さらに季重なりの問題もあります。すでに出ている「初雪」と「氷田」もそうですが、この句を詠み替えようとして「雪かき」とかを入れようとすると、また重なる恐れがあります。
イサクさんのおっしゃるように、意味合いの違う二つ以上の句に分けるのも面白いですよ。

・雪かきの跡のまだらな都会かな
・初雪に尻もちをつく街育ち

二句目は自虐趣味かも…(笑)
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初雪や氷田まだら尻をつく」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

はじめまして。おはようございます。
初心者さんでしょうか?

◆「初雪や/氷田まだら/尻をつく」で三段に切れて、リズムが悪いです。
◆冒頭に「初雪」という季語、中七に「氷田」という季語が入っています。
 東京なので「氷田」は比喩なのかもしれませんが、気になる季重なりです。
◆「初雪」「まだらな雪かき」「凍結」「尻もち」を全部入れるのは、俳句の十七音という短い文字数ではちょっと無理かも。どれを残しましょう?
 少なくとも「初雪」と「道路凍結」は別のもの(初雪は前日で、道路凍結は翌朝?)っぽいので、どちらかで詠んだ方がいいと思います。

・初雪の朝に尻もちつきにけり
・雪かきのまだらな道路そつと行く

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

義経の涙かき消す蝉しぐれ

作者名 白南風 回答数 : 1

投稿日時:

我のころは手伝ふ心が母の日

作者名 善友 回答数 : 3

投稿日時:

ごめんねと心で陳謝お正月

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初雪や氷田まだら尻をつく』 作者: なっちも
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ