俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

長い梅雨でした。積読を読むでなくただ、埃の掃除をしたという事だけです。

最新の添削

「積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜」の批評

回答者 胡 秋興

どん太様
こんばんは🌇
お世話になります
胡秋興です。俳句好きで、練習もしてますが、うまくいかないかな〜
練習句も投句しましたが
余裕があればご指導お願い申し上げます🙇‍♂️
有難うございました

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

積ん読の埃をはらう梅雨の夜

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

どん太様、お世話になります。
御句ですが、「プレバト」でいう才能アリ句だと思います。「梅雨の夜」と「積んだ本の埃を祓う」という取り合わせがマッチしていて、光景も鮮やかに浮かんできます。

 気になるのは「積ん読」と「払ひぬ」の関係でしょうか。
 積読という言葉自体は明治からあるようですが、頻繁に使われるようになったのは最近からの印象です。「積ん読」を現代用語として見るか見ないかで、後半の「払ひぬ」の評価が分かれそうです。
 特にこだわらないのでしたら、”積ん読の埃をはらう梅雨の夜”にしておいた方が無難かもしれませんが、そこはどん太様の思い次第かと存じます。いかがでしょうか。

点数: 3

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

どん太さま
よろしくお願いします。取り合わせの妙ですね。秀句と存じます。プレバト風に言えば、、、「先生~直しは?」「いらない、いらない」、、、。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜」の批評

回答者 晴峯旬草

句の評価:
★★★★★

どん太様
よろしくお願いいたします

ひまわりの服の句へのコメントありがとうございます。手直しして頂いた句ですが、間違いなく私の読みたいものへ近づきました。「吾子立っち」がとても可愛らしく…恐らくまたどこかで近々使ってしまいそうな気がします。楽しく読ませて頂きました。ありがとうございます。

梅雨の夜、とても映像が綺麗です。少しひやりとした空気感まで伝わってきました 。

点数: 1

添削のお礼として、晴峯旬草さんの俳句の感想を書いてください >>

「積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

どん太様
こんばんは🌇
お世話になります
胡秋興です。俳句好きで、練習もしてますが、うまくいかないかな〜
練習句も投句しましたが
余裕があればご指導お願い申し上げます🙇‍♂️
有難うございました

点数: 1

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

「積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

どん太様
こんばんは🌇
お世話になります
胡秋興です。俳句好きで、練習もしてますが、うまくいかないかな〜
練習句も投句しましたが
余裕があればご指導お願い申し上げます🙇‍♂️
有難うございました

点数: 1

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の海投げる小石に慙愧のせ

作者名 土屋 羊子 回答数 : 1

投稿日時:

若葉風太鼓の音を運び来る

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

眉を描く君に実柘榴微笑みて

作者名 すがりとおる 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『積ん読の埃払ひぬ梅雨の夜』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ