俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蒼天やあか勝てしろ勝て梅の花

作者 森 教安  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩の途中で、青空の下に白梅と紅梅が競うように咲き誇っていました。それを見て運動会の玉入れの白い球と赤い球を連想しました。

最新の添削

「蒼天やあか勝てしろ勝て梅の花」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんにちわ。感覚派理系人間の腹胃壮と申します。

北野きのこさんの御指摘はごもっともです。ですがこの句が三段切れかどうかは人によって判断がわかれそうな気がします。自分なら判断がわかれそうな表現は最初から避けます。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蒼天やあか勝てしろ勝て梅の花」の批評

回答者 北野きのこ

森教安さん初めまして。
句の感想を述べさせて頂きます。
よろしくお願いします。

梅が競い合うように咲いている光景ですね。
競い合う様子を描写する事で、梅の木が複数ある事、溢れるばかりに咲き誇っている事が読み手に伝わると思います。
実は私はまだ今シーズンの梅を拝めていないので、大変羨ましく思います。

一方で情報が沢山盛り込まれているので、やや窮屈な印象も受けました。
「蒼」「あか」「しろ」と続くと、賑やかになり過ぎるのかなと思います。
また「蒼天」を春の季語としている歳時記もあるようです。
https://www.weblio.jp/content/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%86%E3%83%B3

「蒼天」を使った春以外の季節の句もあると思うので、正直気にしなくて良いとも思うのですが…

色彩の重なりを解消して情景をすっきりできないかな、との考えで作った添削案です。
空の青さについては、読み手が想像してくれる事を期待しました。

空に梅弾けるあか勝てしろも勝て
梅薫る空は紅白合戦場

点数: 5

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ああ弥生かむ鼻紙も繁忙期

作者名 ワイス 回答数 : 1

投稿日時:

あいうえおオカメインコの夏帽子

作者名 春野ぷりん 回答数 : 6

投稿日時:

あちこちに雪待草の白い鐘

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蒼天やあか勝てしろ勝て梅の花』 作者: 森 教安
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ