俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨音の止んだ砂利道蝉の腹

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨上がりに砂利道を歩いていると、死んだ蝉を見つけた

俳句をはじめたばかりで俳句の善し悪しの分からない者です。いろいろな句を作って捨てていきたいです。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「雨音の止んだ砂利道蝉の腹」の批評

回答者 そうり

晴峯旬草さま
よろしく意願します。映像が良く見えます。「蝉の腹」で死んだ蝉を表しているのはとても良いと感じました。気になるところは「上五、中七」が少し説明臭く感じましたが、、、私だけでしょうか?上五に時間情報を入れた参考句を捻りました。
「黄昏の雨後の砂利道蝉の腹」、、、少しでも参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨音の止んだ砂利道蝉の腹」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

晴峯旬草さま こんにちは
これを機会に、あなたご自身も多くの作品を読むようにして行きませんか?
俳句に近道はないと個人的に思っています。
誰もが感じていることでしょうが、蝉は力尽きると落下しやがて自然に還って行くようです。
晴峯旬草さまの本指から離れないよう、音もなく静かな様子を考えてみました。

あまあがり立ち木のもとの蝉絶ゆる

立ち木としたのは、"地面"に立っている木だからですが。
絶ゆるは絶えるの文語体で、命が絶えるなどとして用いたりします。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

福袋あけて鏡の福笑い

作者名 はたのゆき 回答数 : 4

投稿日時:

山よりの水に沈めて新豆腐

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

二人いるその温かさ夜長かな

作者名 菊花 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨音の止んだ砂利道蝉の腹』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ