俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の空喪服のボタン前開き

作者 晴峯旬草  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

祖父の火葬を思い出し
火葬中の待ち時間、空を見上げると祖父を燃やした煙が煙突から出ていた。特別な想いを煙に馳せた

俳句をはじめたばかりで俳句の善し悪しの分からない者です。ご指摘頂けると励みになります。

最新の添削

「夏の空喪服のボタン前開き」の批評

回答者 三男

晴峯旬草さま こんにちは
人を悼み追善供養を子々孫々に至るまで受け継いできた社会ですが、人口減少や過疎化によって大きな曲がり角に差し掛かっているようです。
ところで晴峯旬草さま の作品は、かこ様のお話にあるような第一印象を多くの人が抱くかも知れません。
私も自身の体験があるので考えていました。
火葬場で故人を見送ることを野辺送りと現したりしますが、晴峯旬草さまの葬礼と偲ぶお気持ちに共感しています。
葬祭に参列し故人を偲ぶ気持ちに差異はないでしょうから、言葉に残しておくのは大切な事なのでしょう。
一個人の話としてご覧くだされば幸いです。

夏の花手向ける人の野辺送り

仏壇に回忌供養の夏の花

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

道の駅遠く連なる冬の山

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

親と行く入学の日や遠き道

作者名 佐渡 回答数 : 15

投稿日時:

袴取る指の黒さや筆の花

作者名 エイジちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の空喪服のボタン前開き』 作者: 晴峯旬草
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ