俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

入道雲へと流るる月の舟

作者 ジャマイカ丼  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

三日月と雲を詠みました。

最新の添削

「入道雲へと流るる月の舟」の批評

回答者 翔子

ジャマイカ丼様
コメントありがとうございました。私はここから卒業してしまったのに、未練がましく、最後に一句だけ、と思い投句致しました。皆様にお世話になったのに、いなだ様だけを庇う様な句になってしまいました。私はここに投句している方達を良く思っているので、皆様に、優しくしていたいと思い詠んだ句です。何だか余計、ややこしくなってすみません。それから俳句ですが、綺麗な句ですね、私なんかここに入らさせて頂いた時は、まだ、季語がなかったり、(今回もそうですが💦)いろいろ悪戦苦闘していました。ですので、頑張ってください。わけのわからない、変なコメントになってしまい、すみません💦

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「入道雲へと流るる月の舟」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

ジャマイカ丼さま
よろしくお願いいたします。

御句、口語にしますと、
入道雲へと月の舟が流れていることよ。

詩的な表現と評価される方もいらっしゃるかも知れませんが、
流れるのは雲
舟のような形をした月
かと存じます。
また、下五が月の舟ですので、秋の印象が強く残り、夏と秋の季重なりとの指摘を受けるかも知れません。

作者の思いのほどには、読者に伝わらない句かと存じます。🙇

点数: 3

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「入道雲へと流るる月の舟」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

ジャマイカ丼さん。こんにちは、
句の言葉を調べてみましたら、
入道雲は夏の季語、月の船は秋の季語でしたので、この句は季重なりになっている事が分かりました。
私なりに考えまして、月の舟を用いまして、
「月の舟 雲と流るる 夜の宙(そら)」
と考えました。いかがでしょうか?
それと、1つお願いがございます。私が投句しました新しい句に関する意見をお願い致します。

指摘事項: 季重なり

点数: 3

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

振り向けば辺り一面曼珠沙華

作者名 舞矢愛 回答数 : 4

投稿日時:

老いし母帰省息子にうさぎりんご

作者名 御影山彦 回答数 : 3

投稿日時:

生徒歌う飛び入り果てしき夏の民謡

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『入道雲へと流るる月の舟』 作者: ジャマイカ丼
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ