俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

涼風やお寺の経由受洗かな

作者 胡 秋興  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様こんばんは🌇
宜しくお願い申し上げます🤲
梅雨続き、従って涼しい風が吹いて
仲夏のごろ、一時暑くなく、爽やかな一日お過ぎしてます。

今日は「涼風」の季語をのとって練習致します。

普段、お寺、神社⛩など所へ行く方が🏃‍♀️🏃‍♂️、心は信心深い参拝するでしょう〜毎回、毎回、まるで受洗のように新しい人生が始まり、一新の雰囲気に漂うのかなと思います。

比喩の「擬人化」にして、試して練習致します〜

最新の添削

涼風のお寺経由で吾のもと

回答者 かこ

ありがたいお経を聴いた涼風がわたしのもとにやってきたという感じでしょうか。
涼しくて功德してたら最高ですね😅
こうすると、ちょっと軽い感じになりますが、分かり易くもなりますね。
「涼風のお寺経由でやって来る」

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「涼風やお寺の経由受洗かな」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

胡 秋興さま
よろしくお願いいたします。

受洗と聞くと、キリスト教をイメージしますが、お寺でも同様な儀式があるのでしょうか?

まず気になりましたのは、
俳句ではタブーとされる、や⇒かな、。
無いことないようですが、作者の感動の焦点が伝わり難いとされています。

経由という表現も気になりました。使い方かも知れませんが、詩を生み難い言葉ではないでしょうか。
全体としては、破綻してる感じです。

俳句の型を信じて、もう少し我慢してみても悪くないかと思います。

季語+下五に関すること+名詞
※季語と関係ないが、似合いそうな名詞
💪

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天狼やドイツ帰りの老牧師

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

炎天が吾のうしろに張り付きぬ

作者名 たーとるQ 回答数 : 9

投稿日時:

工事中道幅狭し晩夏光

作者名 柴崎恵子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『涼風やお寺の経由受洗かな』 作者: 胡 秋興
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ