俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

奥三河真っ暗がりにかじか鳴く

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

闇にかじかの鳴き声だけが。

最新の添削

「奥三河真っ暗がりにかじか鳴く」の批評

回答者 三男

久田しげき様 こんにちは
本日もよろしくお願いいたします。
昨日の続きですが、日本から中国に帰国したいのに搭乗券すら入手できず困惑していると、駐在員グループSNSに今朝書き込みがありました。
話は飛びますが、孫さまは孔子・孟子と同じ故郷です。本人のご理解を得ましたので、久田さまに近々ご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします。
標準時ですが、西安は四時間の中間辺りに位置しています。
広大な国の東と西では食事や出勤、登下校の時間はどのようになっているのでしょうか?
この疑問も謎が解けました。
偶然でしたが、西安の中学生が夕方六時半に一斉下校するのを目撃しました。上海と生活時間が異なっていたのです。もっと西に旅した中国の人に聞いてみたところ、朝食は十時、昼食は三時頃だったと話を聞き納得しました。
同じニュース番組を七時と九時に放送する配慮に懐の深さを知りました。
私も子どもの頃、近くの川で山女魚や岩魚を見ましたが、今では川にすっかり足が遠のいてしまいました。
故郷を辿るお話に出会え懐かしいです。
本日もありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鉱山の廃れしままに芒原

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

錦秋を待ちて鬼籍へゆかれけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

母の日や美酒に忘るる休肝日

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『奥三河真っ暗がりにかじか鳴く』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ