俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

デュエットかな左右の耳に蝉の歌

作者 胡 秋興  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様
こんにちは😃
雨が一時止んだ即ち気温が上がった〜ですね
木にいた蝉が同じく暑いと感じで歌の声が左右の街道樹に上がったり、下がったり歌いますね〜
蝉の翼が羽ばたきながら、歌ってます〜その翼がまるで扇風機の役のように熱を下げますか〜
が、時に、疲れたら少し休みして、またとまぬに続き歌ってます〜
人間が🧑蝉の声は耳に立って、喧しいとも言うこともある一方で、我達がそれは歌だ、と賛美してますね〜コッチもあっちも、左右の木があるところどころに蝉が思う存分に歌いますね〜もしかしたら二部合唱か?デュエットしてますか?というふうに思いました〜
サー、俳句練習致します。題詠はこれ、蝉です〜
ご指導ご添削いただければ幸いです。ありがとうございます😊

最新の添削

「デュエットかな左右の耳に蝉の歌」の批評

回答者 そうり

胡秋興さま
よろしくお願いします。いつもながら「胡さま」の完成の豊かさ、詩的表現素晴らしいと存じます。気になりますのが「中七」です。デュエットのように蝉の声が聞こえているので「左右の耳」は省略でき、その分句を深めることが可能です。例えば、場所を特定し、読者に映像を植え付ける、、とか。参考句を捻りました。
「校庭をデュエットめきて蝉の唄」、、、歌を唄として余情を作りました、、、。少しでも参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天や廃車の砂埃微か

作者名 げばげば 回答数 : 11

投稿日時:

退屈なときは新茶を濃く淹れて

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

人恋ふる豆を蒔けやと閑古鳥

作者名 ワタナベシンイチ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『デュエットかな左右の耳に蝉の歌』 作者: 胡 秋興
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ