俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

見守りや子らへの朝日春きざす

作者 詠 紀陽  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

毎朝、子供たちの登校の見守りをしています。
2月も中旬を過ぎ、子供たちにあたる日差しが春めいてきて、本格的な春の訪れが待ち遠しいという感じが子供たちの表情から読み取れます。

最新の添削

「見守りや子らへの朝日春きざす」の批評

回答者 腹井壮

松永憲治さん、こんばんわ。腹井壮と申します。
初めたばかりの頃は自分も色々と情報を盛り込みたかったのですが俳句はなるべく短い瞬間に焦点を当てたほうが対象が光ます。ですから自分なら

春めくや朝日を浴ぶるランドセル

と詠みます。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

大西瓜どつさりとあるゴリラ園

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 7

投稿日時:

秋分や石窯に燃ゆ火の新た

作者名 豆柴 回答数 : 4

投稿日時:

ただ風邪を引いただけだと五連休

作者名 ちゃあき 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『見守りや子らへの朝日春きざす』 作者: 詠 紀陽
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ