俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

郷愁を卵でとじる夏の夜

作者 豆柴  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもありがとうございます

最新の添削

「郷愁を卵でとじる夏の夜」の批評

回答者 かこ

私の個人的イメージかも知れないのですが卵とじは鍋焼きうどんとか冬の食べ物の気がします。郷愁という歌の内容的にも秋か冬の夜の方が締まる気がするのですが。

郷愁を卵でとじる秋の夜

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

三つぞろ目の三倍数や菊膾

作者名 めとみみ 回答数 : 4

投稿日時:

黒煙の浅間轟く残暑かな

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

雪の日のうとうと聴けり夜想曲

作者名 あらちゃん 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『郷愁を卵でとじる夏の夜』 作者: 豆柴
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ