俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

嵐電の傾ぎてゆけり若葉風

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

清々しい風を受けて。

最新の添削

嵐電や御朱印帳へ若葉風

回答者 いなだはまち

久田さま
お世話様です。

あまりにも素敵な題材でしたので、少し調べてみました。
嵐電と若葉風の接着剤として、御朱印帳はどうかなと思いまして、ご提案いたします。

御朱印帳を眺め、ニンマリしながら嵐電に揺られ、初夏の風を感じている様子にしてみました。

何度も途中下車しては、朱印をいただき、嵐山へ向かっているという設定です。
雰囲気だけですみません。😅

少納言の句は、一昨年の8月の練習句ですのでよろしくお願いいたします。
文法も怪しいですよね。😨

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「嵐電の傾ぎてゆけり若葉風」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

久田さま
お世話様です。

御句、素敵な題材ですね!😄
嵐電、乗ったことがありませんので、いつか乗って嵐山まで行ってみたいです。

ゆけり、もう一捻りした措辞がありそうでない感じです。
季語「若葉風」に繋ぐ、接着剤のような言葉がほいし感じです。
初夏ならではの3音、出ません。😰

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「嵐電の傾ぎてゆけり若葉風」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

久田しげき様
そうですね、確かに清々しさを感じます。私は随分昔ですが、高山列車に乗ったことがあります。とても涼しく清々しかったです。途中駅で、電車発車時刻ぎりぎりになり、走ってしまったら、空気が薄くて呼吸困難になり、焦りました💦

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

仕事する時間変わらぬ冬至かな

作者名 なおじい 回答数 : 9

投稿日時:

枯歯朶やフェンスのここにある隙間

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

燻製のポテチ香ばし秋うらら

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『嵐電の傾ぎてゆけり若葉風』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ