俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

豌豆の実を見つめてし父の顔

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

難しい俳句の形式にとらわれたくない。五七五であれば充分です。

最新の添削

「豌豆の実を見つめてし父の顔」の批評

回答者 そうり

堀籠美雪さま
お久しぶりです。お父様が家庭菜園で「豌豆」を育て、それを手に取って、まじまじと見ている、、、と想像しました。俳句としてはひとまず成立はしていると存じますが、「豌豆」だけでは句は成立しませんか?「実」は省略できませんでしょうか。「見つめてし」は「見る」「見つめる」では句意は伝わらないでしょうか。私の想像で捻ってみました。「豌豆を見つめる父のしたり顔」、、、、句意を逸脱していたらすいません。少しでも参考になれば、、、。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「豌豆の実を見つめてし父の顔」の批評

回答者 北あかり

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さん
こんばんは、北あかりです。
私は写真が趣味なのですが
自粛、自粛の声ばかりが聞こえ
人の全くいない山は森林浴、野鳥撮影に
行くことすら悪に感じられた頃ごろでした。
緊急事態宣言も解除されましたので
これからは思い切り遊びますよー!
老いた身体を若返らせるのは難しいですが、
老いた心は、自分次第で若返りますから!

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

豌豆の実を見つめてた父の顔

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

堀籠さま
お世話様です。

お父様が、お育てになった豌豆、成長ぶりをしげしげ眺めているのでしょうか。
はたまた、お味噌汁の具か何かの豌豆をしげしげ見つめている様子でしょうか。
作者にとって、豌豆で記憶に残るエピソードがあったのでしょうか。
お父様が、豌豆を空豆と間違えたとか?
豌豆の皮を剥いて、実だけ食べたとか。
想像するだけで楽しくなってしまう句ですね。😁

そして今、豌豆と対峙しているのは作者であることが、読み取れます。

惜しいのは、中七の「し」ですね。
これは、口語にすれば解決です。
文語にしますと、見つめしの4音です。

俳句は、飽きずに続ければ、必ず上達しますので、気長にいきましょう。☺️

指摘事項: 新旧仮名遣いの混用

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

亥の刻の蟀谷の蚊の五月蠅きよ

作者名 イサク 回答数 : 8

投稿日時:

水平線真一文字の冬浅し

作者名 秋恵 回答数 : 3

投稿日時:

春めきて日差し穏やか着て脱いで

作者名 星勲 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『豌豆の実を見つめてし父の顔』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ