俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

竹の皮脱ぐまで絞れ我の腹

作者 根津C太  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

おそらく通常の年だと、今頃になればイケてる男たちは筋トレで追い詰めていた筈。
彼らみたいには成れませんが、
私も竹みたいにスリムになりたいですね、下腹がもう……。
竹の皮が脱げる頃までに腹筋を割りたい、という意図が伝わっているでしょうか?

俳句は韻文と聞いて、上五と下五で母音を一致させました(aeoaa)。
後になって、韻文はライム(所謂ラップ)の事ではないと調べて気づきましたが。

最新の添削

「竹の皮脱ぐまで絞れ我の腹」の批評

回答者 翔子

田沢正樹様
うわあ、まるで私の事みたいで、他人事とは思えない💦😱昔は鹿の美雪だのうわあ、堀籠さんて足凄い細いとか美雪ちゃんの親衛隊です、とか言われていた頃に戻りたい💦今の自分を知ったうえでもう一度やり直したいです😱目指せあと3キロ(それ以上望むとつらくなるから、とりあえず)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「竹の皮脱ぐまで絞れ我の腹」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

田沢正樹さま
こんにちわ。句意、、、ストレートに伝わります。句で理想を実現しました。
「竹皮を脱ぐかのごとき落つ脂肪」、、どうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

懐かしき京で聴く華語散る紅葉

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

獺の祭見てゆゆしき宴

作者名 イサク 回答数 : 3

投稿日時:

月を見る一つ人影どこ向かう

作者名 鄭 大煕 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『竹の皮脱ぐまで絞れ我の腹』 作者: 根津C太
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ