俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鰭酒や日露戦争語る祖父

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

祖父は晩酌をするとよく戦争に行った話をしました。ただこの句は鰭酒の本意を掴んでいないと思うのです。どう直せば鰭酒がいきるでせうか❔

最新の添削

鰭酒や日露戦争語る祖父の批評

回答者 三日酔いの防人

かぬまっこ様こんにちは。鰭酒の本意難しい問題ですね。強いて言えば、鰭酒は生きているということですかね。分かりにくい言い方ですみません。鰭酒特有の独特の風味や香ばしさは刻一刻と変わります。まさに生きている酒であり生への執着を表すことができます。よって戦争の句に取り合わせるのは最適かと思います。
僭越ながら一つ、中七、下五が平凡すぎる感が否めません。日露戦争を語っているので祖父は詠み手に想像してもらいましょう。日露戦争には色々な局面があるので、その局面を入れると味わい深い句になると思います。
鰭酒を手に爾霊山語りけり
と提案させて頂きます。爾霊山とは203高地のことで旅順港奪還の際の激戦地です。

点数: 1

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鰭酒や日露戦争語る祖父」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、こんばんわ。いつもコメント有り難うございます。

もし自分が上五に酒の季語を充てるなら

どぶろくや日露戦争語る祖父

濁り酒日露戦争語る祖父

にしますね。

鰭酒で一句

鰭酒や息子と食すナポリタン

男はいつまでたってもナポリタンが好きな生物なんです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「鰭酒や日露戦争語る祖父」の批評

回答者 腹井壮

ごめんなさい。どう直せばという質問に答えていませんでした。実は自分としての答えはありません。下戸な自分は一口も飲んだ事がありませんし。ただ鰭酒は当然大人の飲み物ですがその中でも口にした瞬間大人の仲間入りできる特別なイメージがあります。あと毒が無ければ鰭のエキスまで吸い付くそうとする人間の業とか。そういった事を感じました。参考になれば幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

足たちの上手く折りあう炬燵かな

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

春彩の手作りぞうり二十年

作者名 ぞうり虫 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

沢音の聞こゆる宿の夜の秋

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鰭酒や日露戦争語る祖父』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ