俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

赤提灯簾に人の隠るなり

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日本食ブームはまだ続いている模様です。近くに居酒屋が二店あり、簾を掛けていた店は経営者が代わった際に取り外されました。
窓との隙間から一瞬ですが中の様子が分かり、店内からも歩行者を見えていて、何となく目線が合った時は楽しかったですね。

最新の添削

「赤提灯簾に人の隠るなり」の批評

回答者 04422

再度こんばんは!そしてありがとうございます。
隠る・隠れるいずれで文語体使えますね。僕の歳時記には囮は秋の季語でしか出て来ませんでした。丁寧に対応していただき感謝と納得の言葉が素直にでて来ました。
お礼申し上げます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「赤提灯簾に人の隠るなり」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
初めまして。よろしくお願いいたします。コメントが句作に活かされていない様に感じます。どう添削すれば良いか分かりませんが、ただ下五の使い方に不自然さを感じます。隠れるですので隠るの使い方です。せめて「隠れをり」との使い方をお勧めします。しかし、コメントとは程遠い添削ですのでお許しください。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

包み込む霧に椎茸伸びてをり

作者名 日野寅馬 回答数 : 2

投稿日時:

調弦の洩れ来る庭の大つつじ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

夕花野あかり灯らぬ生家かな

作者名 水谷 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『赤提灯簾に人の隠るなり』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ