俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もう一度声の聞きたし冬銀河

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

孤高な孤独の人へ寄り添ひたかった✨涙😢✨

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もう一度声の聞きたし冬銀河」の批評

回答者 すがりとおる

かぬまっこさま。御批評ありがとうございます。
以下の句を参考にしました。無季と捉えてもらっても構いません。

忍冬綴れる門を久に出ず :松本たかし 「石魂」

点数: 0

添削のお礼として、すがりとおるさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の北陸かがやき走る都会へと

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

野菜室ひと月大根なほ潤み

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

吉祥寺スワンボートで初バトル

作者名 はや 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もう一度声の聞きたし冬銀河』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ